FC2ブログ

「時間の流れ」と「歳のとり方」

2008年07月24日 03:53

野茂英雄投手が引退した。

私は、野球にはあまり興味がないのだが、野茂には特別な思い入れがある。
じつは、野茂がメジャーに挑戦した当時、ニッポン放送でメジャーリーグ情報を紹介する番組のパーソナリティをしていたことがあるからだ。
その頃、野茂は本当に活躍していた。
95年にはオールスターで先発投手となり、96年にはロッキーズ戦でノーヒットノーランを達成している。
このとき、マウンド上でチームメイトにもみくちゃにされながら、不器用な笑顔を見せていたことをいまでもはっきりと覚えている。

脳裏に焼き付いているスポーツシーンはいくつもあるが、
野茂のノーヒットノーラン(一度目)はまちがいなくその一つだ。

その野茂が引退する。
そう聞くと、ああ時間は確実に流れていたんだなぁと思う。


話はものすごく変わって、昨日友人に子どもが産まれた。
大学時代からつきあいのある人で、親になることはおろか、結婚することさえ考えられないようなタイプだったのだが、結局人の親となった。

やっぱり、時間は確実に流れていたのだ。

日々生活していると、時間の流れなんてリアルに意識はしないけれど、
ふとしたタイミングで、考えさせられることがある。
連続する時間の中にできたエアポケットみたいな感じで、これまでの時間と、これからの時間を考えて、ちょっと感慨にふけったりする。
登山の途中で一旦止まり、これまでの道と、これからの道を眺めるみたいな感じだ。

最近は、いろいろな出来事がある。
別の友人からも妊娠の報告を受けたり、親戚のおばさんが亡くなったり、
会社を辞めるヤツもいれば、ちょっとした病気で入院するという友人もいる。

いろいろあると、「5年後、10年後はどうなっているんだろう」なんて考えてみたりする。

そんなテーマを考えるときは、照明が暗く、静かなクラシック音楽が流れているバーのカウンターで、丸く削った氷をカラカラと鳴らしてみたいものだが、そもそも私はお酒が飲めない。
一人でバーのカウンターなんかにいたら、手持ちぶさたで落ち着かないのだ。

仕方がないから、散歩の途中で江戸川の土手に座って考えるしかない。

20歳くらいの頃、「きっと何年か後には、行きつけのバーのお気に入りの席に座って、いい感じでスコッチかなんかを飲んでるんだろうなぁ」と思っていたが、結局そうはならなかった。

時間が流れても、変わるものと、変わらないものがあるということだ。

変わるべきものは変わり、
変わってはいけないものは変わらない。

いい歳のとり方とは、きっとそういうことなのだろう。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ttyiida.blog89.fc2.com/tb.php/15-df06e3db
    この記事へのトラックバック