FC2ブログ

雷のタイプと実力について

2008年08月06日 11:18

最近の雷は本当にもの凄い。
ピカッと光ったかと思ったら、ドッカ~ン、バリバリ~と地鳴りのような音がやってくる。

遠くでゴロゴロとやっている奴らはかわいげがあるが、ドッカ~ン、バリバリ~なんてやられると、近所でクーデターでも勃発したかのような不穏なムードが漂う。

家で仕事をしていても、誰かとミーティングをしていても、いちいち集中力が切れてしまうほどの凄まじさだ。
そりゃそうです。
近くでクーデターが起こっているのですから、悠長にパソコンをパチパチやったり、「今度の本の構成はどうしましょうか?」なんて話をしている場合ではなくなってしまうのだ。

しかし、こう連日すごい雷がやってくると、「ああ、地球は変わってしまったんだなぁ」と思う。

穏やかで、優しかったゴロゴロ君たちはいったいどこへ行ったのだろう・・・
と昔の友達を懐かしむみたいに、ちょっと切なくなる。

だいたい、ドッカ~ン、バリバリの連中には上品さが足りない。
そもそも私は平和主義者だし、過激なタイプとは昔からあまり馬が合わない。
過剰に大声で話すヤツとか、シャツのはだけ方がワイルドすぎるヤツとは、できるだけコミュニケーションをとらないようにしている。

経験的に言って、そういう連中の話は、本人たちが思っているよりもおもしろくないことが多い。
それでいて、「つまんね~よ」という雰囲気を漂わせると途端に不機嫌になる。
要するに、めんどくさい連中なのだ。

その点、遠くでゴロゴロ~と言うくらいの人たちは、謙虚で、聡明で、すがすがしい。
線路を隔てた反対側のホームで、控えめに手を振っている小柄な美人を思い出して欲しい。
その美人こそ、遠くでゴロゴロとやっている雷である。
じつに奥ゆかしくて、品がある。

人間も、雷も品性を失ったらおしまいです。


それはそうと、最近の雷を見ている(あるいは聞いている)と、「地震・雷・火事・親父」というのは、本当だなと感じるようになった。

これまで私は「地震や火事に比べて、雷はぜんぜん怖くないよ」と思っていた。
(ちなみに、この四天王のなかで親父は番外だと私は位置づけている。親父の怖さについてはいろいろと語りたいのだが、それはまた別の機会にしよう)

雷は、地震や火事のように一度に大量の人を傷つけたりしないし、室内にいれば基本的に安全である。
家で寝ているときに、理不尽に襲われる心配はないのだ。

この差は決定的だ。
この差が埋まらない限り、雷なんて地震や火事の比ではない、と思っていた。

その認識に変わりはないのだけれど、最近の雷には「おとなしくしてりゃ、危害は加えねえが、下手にうろついたら容赦しねぇよ」という妙な凄みを感じる。
グッとにらみを効かせるだけで、その場を制圧してしまうマフィアのドンみたいなものだ。

やっぱり、恐怖の四天王に数えられるだけあって、雷さんもなかなかの腕前だったというわけだ。

しかしまあ、腕前は認めるけれど、私はやっぱりゴロゴロ君みたいな上品で、穏やかなタイプのほうが遥かに好きだ。


ところが、雷の親戚である台風については、まったく違う見解を持っている。
過激な雷は好きになれないが、激しい台風はけっこう好きなのだ。

じつは、「激しい台風好き」は意外と多いのではないだろうか。

その人たちと雷の品性について語り合ったことはないが、きっと「過激な雷」は「激しい台風」ほど好意的には思っていないはずだ。

説得力のある理由は見つからないけれど、やはり雷は穏やかで、台風は激しいほうがいい。
これは、どういう嗜好性なのかな。
昼は淑女で、夜は娼婦みたいなものなのかな??

一度、そんな話で盛り上がってみませんか。

あまり大声を出さず、
シャツがワイルドにはだけないように注意しながら・・・
スポンサーサイト